文章中心のサイトです。


by yuna-sos-0305
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

新しい世界

波が押し寄せる

柔らかな風がそっと頬を撫でていく

そっとメロディを口ずさむ。

海辺に近寄り、そっと砂を掴めば
手の平からサラサラと零れてゆく砂

時間は流れていく。あてどなく。
この砂のように。とめどなく。

砂をはらいながら、顔を上げると
輝くばかりの朝日がそこにはあった。
こんな時間、今まで忘れていた。

「すっげぇ・・・」

そう呟いて、左手をそっと朝日にかざす。
シルバ-のリングがキラキラと光を受け、輝き始める。

「最高だな・・・」
1人、朝日に見とれていると白いシャツを着た少年が
自分とは反対方向から走ってきた。

「Good Morning」

慣れない片言の英語で話し掛けると
「GoodMorning!」

爽やかな笑顔を見せ
少年はそのまま走り去っていった。

太陽みたいだな、と思いながら、
いつもなら何でもない事を
新鮮に受け止めることができる幸せを改めて感じていた。

太陽の日差しを浴びながらぐっと伸びをすると、
そっと呟いた。

「早く、起きろよ。世界はこんなに綺麗だぜ?」
波の音を聴きながら、まだ深い眠りについている愛する彼女に
そっと・・・・。
[PR]
by yuna-sos-0305 | 2005-01-25 19:58