文章中心のサイトです。


by yuna-sos-0305
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

第5話  

「・・・・・・・」
「真尋?どうかした?」
親友、優子の言葉に私はしばし言葉を失っていた。
「・・・・ううん・・・なんか嬉しくて。ゴスペラ-ズのライブに行けるんだな~って思ったらすごく
嬉しくて・・・・・」
ゆっくりとそう言う私に、優子は言った。
「良かった~。」
「え?」
「真尋ってば、急に無言になるんだもん。もしかして行けないのかと思ったよ」
「ごめんね(笑)」
「それはそうと、旦那さん、大丈夫?」
「うん。ちゃんと説明するから。普段、そんなに外、出歩かないしたぶん許してくれると
思う。」
「そう。それならいいけど・・・。じゃあ、また詳しい事は後で連絡するから。」
「うん。あまり無理しすぎないでね。」
「ありがと。じゃあ、またね。」
優子からの電話を切り、再び視線をパソコンに向けると
さっきBBSに書き込んだ書き込みにHPの常連客の仲間からの
返事が書き込まれていた。

name 美沙

真尋さん、お久しぶりです。
最近全然カキコを見なかったから、みんなで心配してたの(笑)
久しぶりに真尋さんの書き込みを見てすごく嬉しかったです。
いろいろと忙しいとは思うけど、時間が許す時にまた来てくれたら
嬉しいです。
相変わらず、旦那様とはラブラブなのかな?羨ましい限りです(笑)
それでは、また。

ネット仲間の心温まる、書き込みにそっと笑みを浮かべながら
私はマグカップに注がれたコ-ヒ-をゆっくりと啜った。
そして、返事を返すべく、ゆっくりとキ-ボ-ドを打ち始めた。
[PR]
by yuna-sos-0305 | 2005-01-26 21:25